2010年08月06日

Big Swellが入ったG-LANDにはご注意ください

G-LANDのJOYO'S Surf Campのヘッドガイドでもあり、World SurfarisのオーストラリアのキラのマネージャーでもあるScardyが巨大なスエルが入るとの情報で向かったG-LAND。


Hey Brah! Good One!
scazrdy-gland-2010-.jpg

Gland-scard-2010.jpg

キャロラインアイランズで取材に来ていた"コング"ことゲーリーエルカートンに会った時もコングからScardyの名前が出てくるほどのアングラだけど実力がある人。 そういえばケリースレーターがG-LANDにヘリコプターで来た時もケアしてたのはScardy。そんな人がヘッドガイドなのでもちろん波乗りは一流。 アドバイスをしっかりともらう事が出来ます。


7月中旬にG-LANDに入った大きなスエルでプエルトリコから来たサーファーが足に大怪我をしました。
彼は当初デンパサールの病院でUS$6000で手術をする予定でしたが、家族、親戚の手助けもありプエルトリコまで48時間のフライトを我慢し、自分の国で手術を受け、経過は良好だそうです。

本当のサーファーだなと思うのは彼のメールの最後。
"で、僕が帰った後の波はどうだったんだ?" ですって。

ご覧頂いてお分かりのように、サーフトリップでは何が起こるか分かりません。
言葉の問題もありますし、医療が発達している日本まで帰って手術を受けようと思えば相当の費用がかかります。

World Surfaris Japanが扱うサーフトリップでは安全面も注意していますが、どうしても怪我は付き物です。


必ず出発前には海外旅行保険へ加入してくださいね。
弊社のホームページのトップページの一番下に下記のバナーがあります。
こちらから保険に加入してご旅行されることをお勧め致します。 怪我無制限補償という心強いプランがあります。

aiu_logo2.gif


Easy 10ft
gland2.jpg

gland3.jpg

gland4.jpg

gland5.jpg

gland6.jpg

gland7.jpg

gland9.jpg

G-LANDへのご旅行は下記をご覧ください
World Surfaris Japan G-land


お問合せは下記バナーをクリックするか、
03-6400-0505(平日10時〜18
時)までお電話ください。
go-wsj.gif

食事は全て込み。 ビールとワイン(ランチ&ディナー時)も飲み放題。
なんと言ってもサーフガイドのケ
アがとても好評です。

maldive-resort.jpg


ライトハンダーの聖地 Jeffrey's Bay
Jbay-banner.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。