2013年09月10日

Viva Mexico!

大当たりのトリップ In Mexico。
真骨頂ですね。まさに。

それにしても海外の雑誌のビジネスモデルってどうなってるんだろう。


2012年10月02日

Viva Mexico Day1

初日の触りを軽く書きましたが、ちゃんと書こうと思います。

VivaMexico:http://wsj.seesaa.net/article/292797196.html

メキシコシティ。
恐らく、今の日本人がメキシコと聞くと麻薬戦争とか殺人とかそんなイメージしか
無いんだろうな。

正直なところ、僕もあまり出歩きたくないなと思っていました。
触らぬ神に祟りなし。

さすがに空港でテロというのは確率的にも相当低いと思うので空港で過ごそうかと
思っていたのですが、現地在住の方に案内してもらえるという好機到来。

知らずに危険地帯に足を踏み入れてしまう事もあるまい。
眠くてくじけそうになりつつも、厚意に甘えてシティへ。

さ、寒い・・・ そう。メキシコシティは標高2,100mにある首都なのであった。
なので朝晩は夏でも肌寒いのです。

IMG_0168.jpg


市内へのアクセスはバス。
バスの中ではスペイン語圏のエキスパートであるMr Uと奥様から、
”実は、つい先日も空港側のバスで偽物の警察官と本物が銃撃戦に
なったんですよ。”

なんて恐ろしい事をサラリと仰る・・・
なんだ偽物の警察官って。コスプレか?

バスの中は、何台もの監視カメラが設置されておりパッと見には非常に
安全というか危険の危の字もないほど穏やかな感じ。

DSCF0040.jpg

夜明け前にバスを降りるとスペインの影響を色濃く受けた建築物がそこかしこに。

IMG_0164.jpg

タイルが見事なビル。
IMG_0169.jpg

午前7時からOpen予定のレストランに行くと後10分だと。 もう7時過ぎてますけど。
そう日本的な感覚ではいけない。郷に入っては郷に従えだ。

IMG_0174.jpg

IMG_0178.jpg

DSCF0069.jpg

IMG_0188.jpg


DSCF0067.jpg

IMG_0192.jpg

想像以上に美味しい食事、パン(が美味しい!)、そしてお勧めのジュースに舌鼓をうち
お腹一杯になって睡魔が襲ってくるころには日も高くなり、暖かくなってきた。

IMG_0179.jpg

IMG_0181.jpg

IMG_0182.jpg

IMG_0183.jpg

DSCF0058.jpg

IMG_0180.jpg


外に出ると、独立記念日前日とあって街中には尋常じゃない数のPolicia達。
これは安心じゃとグルグル闊歩し、いかにもメキシコなイメージのスカルや
マヤ歴カレンダー、テキーラのショットグラスにソンブレロ。

DSCF0120.jpg

IMG_4947.jpg

DSCF0122.jpg

IMG_4952.jpg

IMG_4951.jpg

IMG_4953.jpg

IMG_4956.jpg

IMG_4961.jpg

DSCF0121.jpg

DSCF0119.jpg

DSCF0123.jpg



まさにラテンを想起するカラフルな街並みに感動。
歴史の重みと現代の軽やかさが同居していた。

IMG_4973.jpg

IMG_0196.jpg

IMG_0211.jpg

IMG_0214.jpg

IMG_0216.jpg

IMG_0233.jpg

IMG_0250.jpg

DSCF0114.jpg

メキシカーナは優しく迎えてくれ、恐れずに来てよかったなと実感。 Viva Mexico!
MR Uと奥様には本当に感謝です。 ありがとうございました。
今後の更なるご活躍を遠く日本から祈念しております。

DSCF0140.jpg

1時間のフライトでメキシコシティからウァトゥルコ空港へ到着すると、一気に暑い!
アライバルホールにでると明らかに僕だが、僕じゃない名前の人を待っているメキシカーナが。

DSCF0149.jpg

IMG_0260.jpg

IMG_0262.jpg

IMG_0264.jpg

この人、No Problem しか英語が出てこない。
まぁ、いいやと流れに身を任せる。
いや、爆睡しているとガソリンスタンドで突然STOP。
ガソリン位入れておいてよ〜と思っていると、見たことない大男が近づいてきて
サーフボードを持って行ってしまう。

なんだなんだ。 なんて堂々とした強盗だ。
と思ったら今回お世話になるLas Palmeras Surf ResortのDavidが近づいてきて、
”Tomo、車の調子が悪かったのでタクシーでここまで来てもらった”
代わりの車が来るまで少し時間があるのでサーフィンしていくかい?”

IMG_0270.jpg

そう、ここがSan Diego。
といってもカリフォルニアではない。 San Diegoというポイントだ。
北風に強く、ウネリに敏感なこのポイント。

ポイントまでの道中は(舗装路から更に20分程度)、文明をあまり感じない。
西部劇そのままな感じ。

IMG_0277.jpg

波質はメローだが疲れた体には、腰腹胸程度の優しい波が調子良い。
(写真無し・・・後日紹介しましょう。)

心地よい1ラウンドを終えて、メキシコビールのBohemiaで乾杯し今回のCampに向かう。

IMG_0296.jpg

キャンプに着くと、晩御飯も用意され明日の予定を確認しながら程なく夢の中へ。

IMG_0300.jpg

2012年09月17日

Viva Mexico!!

CA Tripに引き続き、メキシコに来ております。


今回の旅のメンバーは、カベッチ、キャベッツ、ケンと僕を入れた4名。
旅の目的地は、メキシコのサリナクルス。




ここ最近は、クイックシルバーの動画でデーンレイノルズのライディングが有名かも。




ネット環境が悪くてどうにもならなかったCAを抜けだし、アエロメヒコに揺られる事3時間30分。
Mexico Cityに到着。
IMG_0151.jpg

ここで8時間のトランジットの時間があるため、同行者のご友人がこの町在住という好機に
思いっきり甘えてCityの今を感じてきました。


ドラッグ、ギャング、警察、軍隊。
治安を心配していましたが、中心部は特に問題なさそうに見える。

パスの中も全て録画されている。


でもCityのバスには警察官が常駐しているのだが、先日空港の近くで偽者の警察官(コスプレ?)
と本物の警察官との銃撃戦があり死者がでているそうです。

まだまだ都会ではそのような出来事があるようです。充分に注意が必要ですね。


そんなCityですが、通りにはどこも警察官が一杯。
どうも浮かれている。
それもそのはず、9月16日はスペインからのメキシコ独立記念日。

到着した15日は前夜祭が始まります。
夜のテレビでは今朝訪れた場所に多くのメキシコ国民が集い、大いに盛り上がっていました。

Viva Mexico!!



IMG_0159.jpg

IMG_0162.jpg

IMG_0211.jpg


IMG_0214.jpg

IMG_0233.jpg

IMG_0249.jpg

IMG_0256.jpg


そんな祭りの会場の前に食事したのは、伊達家家臣の支倉常長がローマ法王に謁見
する際に経由地として訪れたメキシコシティのあるレストラン。

味も美味しいですが、空間の居心地のよさが絶妙。
とても魅力的な場所でした。
ちなみに85年の大地震で建物が傾いてしまっているようです。
行けば分かります。思いっきり・・・

IMG_0169.jpg


IMG_0173.jpg

IMG_0179.jpg

IMG_0181.jpg

IMG_0182.jpg

IMG_0183.jpg




メキシコシティを満喫した我々は、メキシコの飛行機は出発予定時刻前でも
離陸してしまうという怖い体験を聞かされていたこともあり、大人しく空港へ。


御二人ともお忙しい中、本当にありがとうございました!


続く。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。