2014年07月26日

メキシコ サリナクルス

暑いですね!
と言うのが挨拶代りになってきた7月下旬。
暑くて暑くて溶けそうです。

特にアスファルトからの照り返しがぁぁぁぁぁ。

同じ暑い中米メキシコのサリナクルス。

僕にとっては、メキシコって昔から漠然とした憧れの場所でした。
何だろう。ラテン、テキーラ、サボテン、荒涼とした大地、ルチャリブレ、ミルマスカラス、極上の波。

勝手なイメージ、と言うよりはステレオタイプなイメージしかなかった。
更にここ最近は、麻薬絡みのマフィアの抗争、殺人事件、警察や軍隊も信頼できない、、、そんな北斗の拳の世界が繰り広げられているようなイメージ。

つまり遠い異国のアンタッチャブルな場所。

とは言え、新宿歌舞伎町と田舎の犯罪率が異なるようにメキシコ全土が北斗の拳の世界なわけではない訳で。

メキシコのサリナクルスって場所は、石油コンビナートがあって働く人がいて、女性でも夜の12時くらいに一人で街を歩いていたりする場所な訳です。

そんな田舎の工業地帯は、その昔は塩田でもありました。 サリナクルスの語源は塩田の真ん中に合った十字架から来ています。

Salina = Salt = 塩
Cruz = Cross = 十字架

そんな長閑な街にスナッパーロックスに似た極上ブレイクがいくつも存在することが世に知れ渡ったわけです。

そりゃー、少し遠くても行きたいですよね。

私も2回行きましたが、リピーターの方は既に3回目の方も…

まさにシーズン真っ只中です!

surf_las_palmeras_zack_bamba-01.jpg

elvis_hack_2011_unknown.jpg

mulcoy_elvis_2011_evening.jpg


muchos tubos from richie schmidt on Vimeo.



Keep Traveling!!!!!

2014年03月25日

Matador in Baja California 5

バッタバタしていたらあっという間に3月下旬。
気づいたらほぼ1か月ぶりのBlogUpは1月末に行ったバハカリフォルニアのアート&サーフトリップ最終章。

IMG_8869_14588.jpg

_SHO2021.jpg

私は、午前中に良い波を堪能しサーフィン満喫。
SHO,Tak,Cruzの3人はこの旅で受けたインスピレーションを作品に落とし込んだ。

旅をすれば、普段とは違う環境に身を置く事になる。
そこに何を見るかは自分次第。


先輩とミクロネシアのポンペイにサーフィンしに行った時に言われたのは、
波だけじゃないぞ。草木一本見逃すな。

未だに旅に出ると必ず思い出す言葉。

そして見たものをどう解釈するか。
本来、人間は自分勝手なもので自分の好きなものを好きな見方でしかとらえないと思うけど、、、それでいいんじゃないかな!

何はともあれ、彼らにとってバハカリフォルニアがあるインパクトを持って刺激になったことは間違いないようで、このステージを用意できたことがとても嬉しかった。


この夜は、LAでTakちゃんも参加するアートショーがあるので早々にUSに戻ろうと思ったのだが、サンディエゴ国境で見事にスタック。
若い兄ちゃんオフィサーに厳重に調べられ、国境を通過したのは並び始めて4時間…

コンチクショーと叫びながら夕陽を横目に一路LAへ。

_SHO2151.jpg

_SHO2152.jpg

Cannibal Flowerというイベントは、LAでも若手の登竜門的なアートショーだそうで多くの作品が展示されていたのだが、そのクオリティの高さや価格、ライブパフォーマンス、参加しているアーティストや見に来ている人々のお洒落な感じにまたもや大いに刺激を受けまくった。

アートについて詳しいわけではないけど純粋に心を揺さぶられる何かを感じられたのは清々しい驚きでした。
アートって自由なんですって。どう受け止めるかは見る人次第。それでいいんだって。 偉そうなことを語れなくたって、自由に批評すれば良いみたい。

Tak!
_SHO2194.jpg

是非、原画を生で見てもらいたい。写真は写真。 伝えるには限界がある。
DSCN3098_14740.jpg

DSCN3108_14750.jpg

_SHO2394.jpg

_SHO2391.jpg

_SHO2312.jpg

_SHO2299.jpg

_SHO2288.jpg

_SHO2253.jpg

_SHO2233.jpg

_SHO2207.jpg

_SHO2399.jpg

彼らのLiveパフォーマンスもパワフルで素敵でした。 See ya in Tokyo!

The Cathatones

サーフトリップと言ってもサーフィンをするだけが旅じゃない。
現場の食事や文化を感じてこそだと思う。


個人的には、アートという世界に触れることができ、今後の人生がより豊かになりそうだな〜と思っています。
新たな発見って奴ですね。
SHO、TAK、CRUZの3人に本当に感謝。


現在、このバハカリフォルニアへのサーフトリップを徐々に作り上げている所なので、いずれ皆さんにもお楽しみ頂けると思います。


Keep Traveling!!!!

2014年02月28日

Matador in Baja California 4

「明日は、更にサイズアップ。 6〜8ftがアベレージ。最大セットは12ftだろうな。」
CAから来たサーファーの言葉を信じて6時に起床。


あれ?
うん?


マーベリックスのコンテストが前日に開催されていたので朝から目の前真っ白、波大パンピングかと思っていたのですが、、、ピークは夜だった?

IMG_8818_14537.jpg

とりあえずサーフィンするかと用意していると、昨夜飲んだ皆も起きて準備している。
Takちゃんに至っては、Cruz君の前夜の一言に触発されて書きたいものがビンビン来ていたそうで一睡もしてない。
早速、朝から既に筆をとって書き始めている。

もちろん、Cruz君とSHOも何も言わずにテラスに陣取り、彼らの脳内イメージを産み落としている。
IMG_8832_14551.jpg

IMG_8860_14579.jpg


そんな彼らを後目にテストライダー行ってきますという事で海へ。
マッシーだがインサイドまでつなげれば100mライドは余裕。はるか沖からキャッチすれば前日の言葉通りの200m近いライディングも。


IMG_8862_14581.jpg

IMG_8869_14588.jpg

IMG_8919_14637.jpg

IMG_8931_14649.jpg

IMG_8953_14671.jpg

IMG_8959_14677.jpg

IMG_9007_14725.jpg

IMG_8883_14602.jpg

IMG_8850_14569.jpg

IMG_8845_14564.jpg

IMG_8829_14548.jpg


足がパンパンで5本程頂いて戻ると、3人の素敵な作品が既に出来上がっていた。
特に事前に何も話をしないで書き上げた作品は、根本でしっかりと繋がっており本人たちが驚いていた。

_SHO2021.jpg

SHOの絵は、3月1日から5月末までみなとみらいのRHCカフェに展示されているので是非、オリジナルを生で見てください。
http://blog.showatanabe.jp/article/88556290.html

バハカリフォルニアの大地、出会った人に感謝してUSへ。
が、USに戻る道のりは近いようで遠いのであった…


Keep Traveling!!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。