2012年09月18日

California Trip DAY4

大興奮のArt Showから明けて、CA Trip DAY4はいよいよサーフィンが出来る!!
Mission Bay RV Resortを後にして、友人より波情報入手。


IMG_4474.jpg


Malibuでもそうだったように残念ながらウネリが乏しかった今回のトリップ。
でも、トリップなんてそんなものです。自然相手のことですから、人間ごときの思うようになど
どっかの国のお堅い人たちじゃあるまいし、自分都合でコントロールしようなんて所詮不可能。

確かに良い波当てたい気持ちは誰しもありますが、ウネリがないことをボヤいて楽しくない旅に
してしまったらせっかくの休暇が勿体ない。お金だしてつまらなくしたら元も子もない。
というのは個人的意見ではございますが、とにかく旅は楽しむのが一番です。


IMG_4469.jpg


選んだポイントは、La Jolla Shores Beach。
こちらは無料パーキング、トイレ、シャワー、キャンパーも止められる素敵なビーチです。

しかもビーチに行くまでに見える、La Jollaの街並はなんてセレブレティ、なんてアダルトでしょう。
ギャラリーがたくさんあったり、ピアノ店があったり、テラスのあるカフェで朝食をとっていたり、
ちょっとお洒落をしてあの中に入ってみたい!と思わせる素敵な街でした。
(見とれすぎて写真撮り忘れました。w)

波のサイズはコシくらいでしょうか。
我々は6名チームなのでバラバラに時間差で入水、ピークもバラバラでご迷惑をかけないように
ひっそり楽しませてもらいました。

印象として、サイズが小さいからかさほど混雑もしていなかったのでHappyに波をシェアして
楽しむことが出来ました。海に浸かると癒されますね。

そんな1Rを終え、午後からは約束をしている場所へ。



IMG_4516.jpg


その約束の場所は、Moon Light Glassingの工場です。
GARAGE 1122 SURF STOREのシェイパーRyosukeのたっての希望で、Mandala
Mannyに会うことが叶ったのです。
たくさんの友人に惜しみない協力をしていただき本当に感謝しています。ありがとうございます。


IMG_0066.jpg


忙しい中、とても親切に対応してくれたManny。
そしてこの日から完璧な通訳としてSan Franciscoから、車を飛ばして合流してくれたJimmy。
素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。Ryosukeの今後が楽しみです。


IMG_4543.jpg


Mannyとのセッションの後はなんと、Art ShowでコラボレーションしたSusanとご主人の
カメラマンでもあるKevinが我々とArt Showに多大なる協力をしてくれた友人たちを
なんとご自宅に招待してくれたので、一緒にDinner。


IMG_4572.jpg


ご自宅で軽く乾杯した後に、Encinitasのメキシカンのお店El Callejonへ移動。
完璧に店員さんもメキシカンで、『señor, una cerveza por favor』の世界。
しかもどれもこれも美味しすぎる!!特にイカとエビ!!そしてアボカド!!
食事後にお店の側にいたセニョールに写真を頼んだら、全然撮れてなかったけどそれもまたヨシです。


IMG_4575.jpg


その後はちょっとEncinitasの街を散歩して、二軒目のBARへはしご。


IMG_4594.jpg


長ーいカウンターのあるBAR。雰囲気も最高でした。
SusanとKevinの日常というか、ローカルの過ごし方を垣間見た感じです。
貴重な体験をさせてもらいました。

キャンパーはどうしたかと言いますと、Susan&Kevinのご自宅に止めさせていただくという
一般旅行者としては反則とも言いますが、ラッキーな事態になっていました。w

本当にみんなの気持ちに感謝しっぱなしの旅なのです。
ありがとう、ありがとう。何回言っても足りないくらいなのです。

そして、今夜のお宿はあのジョエル・チューダーやロブ・マチャドでも有名なCardiffポイントの
目の前という、San Elijo SBです。

朝イチの波に一同期待して、この日一日に感謝しつつ就寝いたしました。


DAY5に続く。











California Trip DAY3

surfindian.jpg


DAY3の一大イベントはSurf Indianで行われた、
SHO WATANABE & SUSAN WICKSTRAND のアートショーです。

SURF系のアートショーやイベントは日本各地でもよく行われている昨今ですが、
サーフィンの本場でもあるカリフォルニアでSUSANという素晴らしいアーティストと
コラボしてショーが出来るなんて、アーティスト本人ではない我々にとっても
現場の人の空気感や雰囲気を感じることが出来て、とても素晴らしく幸せなこと。

アーティストご本人のSHOにしたら初のワールドツアーでプレッシャーや緊張も
あったであろうことが想像されますが、持ち前のキャラクターでベストを尽くしていました。


IMG_4264.jpg


当日の朝。しっかりと腹ごしらえをしていざ出発。
目指すSurf IndianはPacific Beachの繁華街にあります。
31feetのキャンパー駐車はギャラリー的にも無理。COOLだなって褒められたけどダメ。

キャンパーは本当に動く家で荷物も詰めるし、寝泊りできるし最高なのだけど繁華街に行くとなると
日本で言えば、銀座や六本木に駐車しようって話と同じなので駐車スペースの確保が問題。

初日になぜ他のキャンパーが乗用車も一緒に行動していたかというと、ショッピングモールや
繁華街に行く際、キャンパーでは駐車スペースを確保するのが難しい場合があるから。
郊外の巨大なショッピングモールなどには駐車スペース4台分を使用して止めてもなんら問題ない。

しかしサンタモニカに行った時などはセキュリティーのおじさんにNoと言われたり、若干肩身の狭い
思いをすることがあるので要注意。
当然のことながら、アメリカの駐車場事情も日本とは違うので事前勉強も必要ですね。

我々は幸いにも友人の家の前に止めさせてもらうことができたのでラッキーでした。感謝。


IMG_4271.jpg


さてさて搬入作業開始です。
スペースいっぱいにSHOの世界観を表現すべく出来る限りの陳列を。


IMG_0049.jpg


出来上がりです!!


IMG_4320.jpg


SUSANの作品も女性らしくて綺麗でした。レジンでコーティングされているものは
日本の瀬戸物のようで美しく、人気なのも頷けます。
アートショーは12時〜16時の開催中、本当にたくさんの人が来て大盛況でした。
飲み物とホットドッグが振舞われて、たくさんの人の笑顔に囲まれて素晴らしい時間。

ライブでのシルクスクリーンTシャツの製作もしていたので、WOW!!COOL!!とアゲアゲで
我々スタッフも汗だくになって頑張りました。


IMG_4395.jpg


その模様は、コチラコチラでどうぞ。


IMG_4432.jpg


緊張からの開放と達成感のいい笑顔です。


IMG_0053.jpg


アートショー無事終了後はオーナーのクリスとお食事。
美味しいカレーに舌鼓を打ちました。

キャンパーはどうしたかって?
搬出した荷物を積みなおさないといけないので、またギャラリーまで持って行ったら
オーナーのクリスのご好意でバックヤードに食事の間だけ置かせてもらえました。感謝。

たくさんの人の笑顔と優しさに包まれて感動の一日でした。
夜(またもや)RV Parkに戻っても、さすがに興奮冷めやらずでちょっとうるさかったようで
隣の人に怒られちゃいましたけど。w(クラクション鳴らされちゃいました。)

RV Parkでは夜10時以降は基本的にQuiet timeで静かにするのがルールです。
キャンパーの駐車スペースの横にはテーブルと椅子があるので、ランタンの灯りで一杯なんて
宴会をしたくなるのは必至なのですが。。。

しかし、車内に入って窓やドアを閉めてしまえば、びっくりするほどの遮音で外には
ほとんど音が漏れません。夜遅くなったら車内でボリューム小さめで宴会がオススメです。w

素晴らしい思い出になったDAY3でした。

DAY4に続く。

2012年09月17日

California Trip DAY2

IMG_0025.jpg


明るい朝日でスッキリ目覚めると目の前は海=サーフ可能。
と勝手に思い込むも、どうやら潮タプタプで出来なさそう。。。


IMG_4218.jpg


(かじっちゃってるけど・・・)買出ししておいた食材で朝食をいただく。
アメリカってフルーツが本当に安くて美味しい。


IMG_4222.jpg


のーんびり海を見ながらの朝食タイムは至福の時間でした。
2日目の今日はLAX空港で旅の仲間2名をピックアップしてから、Mission Bay RV Parkまで
移動しなくてはいけない。

31feetもあるのでさすがにスピードも出せないし、フリーウェイでの走行も横風にあおられたり、
バカデカいトラックが真横を走るので、いつになく緊張。

さらに一番ナーバスになるのが、一般道で右側を走る自転車愛好家の皆さんが2列になったり
すると、デデーンとはみ出ているサイドミラーに当たりそうでかなり怖い。

空港までの渋滞も考えて、早めに出て1ラウンドをMalibuあたりでやってからお迎えに行く予定が
ゆっくり朝ごはんを食べちゃったのと、キャンパーの片付けに手間取ったのと、Malibuの駐車場に
このドデカいキャンパーが止められなかったのと波がヒザくらいしかなかった(←言い訳)ので
やはり直接空港へ。w


IMG_0030.jpg


非常に絵になる。しかし慣れるのに多少時間が必要。
それがキャンパー。w


IMG_0040.jpg


空港に奇跡的にキャンパーが止められたので、まず成田からやってきたKun×2を拾う。
その次に到着するSHOを拾う前に腹ペコになりすぎたのでランチを。
やっぱりカリフォルニアに来たならば、IN-N-OUTでアニマルスタイル!!

今回の旅はキャンパーでのカリフォルニアロードトリップでもあり、SHOのワールドツアーでもある。
アートショー以外にもGARAGE 1122 SURF STOREのRyosuke&Yukiの二人にとっての
技術向上のための出張勉強会も兼ねている。

1本では切れてしまうかもしれない細い糸を束ねて強くし、何かを感じ、何かを受け取って、
何かを生み出し、何かを創造するための旅。

何事もやらずに後悔するくらいなら、やってからにしてみよう!と思い立って実現した旅の成果は
今後の彼らの活躍に期待したいですね。w


IMG_0039.jpg


いやー、美味しいねぇ。
なんて外のテラス席でパクついていたら、あら?時間が・・・。
焦って車に戻ると、SHOからの着信が6件。(携帯忘れてました。)

さらに重要な間違いを起こしていた我々。
Kun×2がイミグレが混んでて1時間くらいかかったというので、それを見越してのんびり
していたのだけれど、SHOはハワイからやってくる。

国内線じゃん!?

ということに気づき、急いで空港でピックアップ。
8月下旬からハワイで孤軍奮闘していたSHOも合流してこれで役者が揃いました。


IMG_4232.jpg


機内食が出なかったようで腹ペコのSHOのリクエストでヴェニスへ移動。
この画像の壁のお店、実はピザ屋さんで釜で焼く本格的なピザなのにマルゲリータは$13という
良心的で美味しく、しかも店員さんがかなりイケメンなお店でした。


IMG_0037.jpg


話題のこんなお店も横目に見ながら、Mission Bayへとロングドライブ。
渋滞や分岐をミスったりしての珍道中なのでRV Parkに着いたのはまたもや夜。
途中、買出しもして2日目の夕食も結局ピザでした。w


IMG_0043.jpg


若干、表情が疲れているのはご愛嬌。次の日は朝からArt Showの準備。
午後からはいよいよ本番です。


キャンパー内は大人の男性4名が座ることができるこんなテーブルも車内にあります。
RV Parkにはトイレとシャワーもあるので車内のものを使用しなくても不便はありません。
Parkによってタダでシャワーに入ることが出来たり、トークンを購入したりと様々です。
ランドリーもあるので洗濯も可能。

Wi-Fi環境もありますが(Mission Bayの電波はすこぶる不安定)、日本のように
サクサクスイスイいくことはないと思った方が良さそうです。
海外用のルーターが活躍したりする時もあるので、念のため持参するのが安全策でしょう。

使用しはじめてわかるということがありますが、是非日本から軍手、ビニール製手袋、
ゴミ袋、食器洗い用の洗剤、スポンジ、洗濯洗剤などは持っていった方が便利です。

アメリカで購入するのも全く問題ありませんが、いかんせん量が多すぎ。
100円SHOPかなんかで買っていくのをオススメします。


DAY3へ続く。








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。