2012年09月22日

California Trip LASTDAY

カリフォルニアに来た時の旅のパターンは、

・ミニバンに乗ってモーテルに宿泊するロードトリップ
・キャンパーによるロードトリップ(今回)

を経験しました。

モーテルに泊まり歩く旅も少人数であれば機能的で、カリフォルニアにある様々な
種類のモーテルを探してみるのもとても楽しいものです。

今回のようなキャンパーでの旅の醍醐味は大人数でわいわいと旅をすること。
アートショーというイベントがあったので、海に入る機会は少々少なかったのですが、
サーフィンだけを目的とするならば、ポイントの目の前に数日定住して旅をするのが
良いかもしれませんね。

長いカリフォルニアの海岸線にはたくさんのポイントがあるので、1週間ほどの期間では
全てを回りきることは不可能ですが、好みに合わせてポイントをセレクトして旅をする
のも良いでしょう。

今回我々が乗車したキャンパーは大人MAX8名まで可能。
仲間を集めて是非ロードトリップを経験されてみてはいかがですか?


20120914_091137-1.jpg


さて、最終日です。
グッスリと眠った翌朝はのんびりと過ごすことにしました。

モーテルに宿泊すると簡単な朝食があったりします。シリアルやドーナツとフルーツ、トーストなど。
そのスタイルも大好きですが、今回はホテルなのでちょっとリッチな朝食を。
Jamaica Bay Innのレストラン、BEACHSIDEにて。


20120914_102814-1.jpg


朝から小洒落ています。スタッフも上下黒の洋服でバリっとしていて、キレがあります。
間違っても寝巻きのような格好ではいけません。


20120914_095627-1.jpg


美しいグリーンの庭とプール、その先のラグーンを見ながらテラスの席で朝のカフェラテ。
旅の疲れを癒してくれる、優しいクリーミーな味が染みました。


20120914_100409-1.jpg


では朝食メニューを。

手前はエッグベネディクト。
マフィンの上にハムとチーズ、半熟卵がのっていて、マヨネーズとシナモンパウダーが。
カリカリポテトとベーコンを添えて。

奥は、2-2-1。
目玉焼きが2つ、パンケーキが2つ、ソーセージが1つ。蜂蜜を添えて。

美味しいモノを食べる時間は至福の時間です。
少しひんやりとした湿気のない空気に、優しい朝の日差しがとても贅沢な時間でした。
本気で美味しいので、旅の最終日のご褒美として是非是非オススメいたします。

たっぷり時間を使って朝食をいただき、空港に行くまでの時間は、SantaMonicaや
Veniceをブラブラしても良かったのですが、チェックアウトギリギリまで我々はのんびり過ごしました。

余裕を持って空港に行き、一足お先に私がチェックイン。
SQのカウンターには通常のチェックインカウンターとWEBチェックインをした人用のカウンターが
あります。いつも事前にWEBチェックインをするので、さほど並ばずチェックインが出来ますが、
場合によっては通常のカウンターの方が早い場合もあるので、これは運です。

いずれにしてもスケジュール変更などの可能性もあるので、空港には余裕を持って早めに
行くことをオススメいたします。


307751_10151174446399265_18.jpg


夜の便に乗る細田はエアロメヒコでメキシコへ。
目指すは2回目のSalina Cruzです。キャンプの場所が引っ越しをして、眺めの良い場所に。
本場のヘルシーなメキシカンが自慢の素晴らしいキャンプです。

こちらのレポートは細田の帰国後をお楽しみに。

カリフォルニアトリップ記、長いことお付き合いいただきありがとうございました。
一生の思い出に残るような旅をご提供できるよう、必ず我々が体験をしてお話をできるようにしています。

世話しない日常から離れて、子供のように笑い、楽しむことが出来る旅を。

これからも努力して参りますのでよろしくお願い申しあげます。





2012年09月21日

California Trip DAY6 & DAY7

IMG_0102.jpg


6日目も朝はちょっと曇空。
友人からの情報により、まず1つ目のポイントをチェックチェック。


IMG_0104.jpg


サイズは小さいけど、ローカルの皆さんがロングボードでクルーズ。
朝のセッションを繰り広げていました。

大きなコーヒーの入ったタンブラーを持って波チェックをしている人や仕事前に
さくっと1Rを楽しむ人、和やかな朝の時間。なんかのんびりしていて良い感じ。


IMG_0110.jpg


念の為もう1箇所をチェックしてみましたが、かなり厳しい感じ。シャバシャバシャバ〜。
この日は翌日日本に帰るメンバーがいるので、なるべく空港近くに北上しておきたい。
グルグルしていると時間もなくなってしまうので最初のポイントに戻ることにしました。


IMG_0112.jpg


ロングであれば十分のメローなヒザ〜モモコシサイズ。
記念碑が建っていて、よく見たらあのSkip Frye氏が!DVDでSkipがまさにグライドしている
あの映像のポイント!!


IMG_0113.jpg


様々な有名人の方々の名前も刻まれていました。
キャンパーも駐車できる(当然一番ビーチから遠いとこに止めてます)広い駐車場に
ペイントされたかわいいトイレとシャワー。(でも女子トイレにドアはないので勇気が必要。)
タバコの吸殻やゴミの落ちていない綺麗なビーチ。


IMG_4863.jpg


波待ちをしているとペリカンが朝食をとるために、まるでミサイルのようにザバーン!と海中へ
入っていて結構びっくりしますが、日本の海では見られない光景にちょっと嬉しい気分になります。
サンディエゴの海、お名残惜しいけれどしばしのお別れです。ありがとう。


IMG_0119.jpg


その後、RAINBOW SANDALSへと行って、日本との価格差にびっくりしつつも
お気に入りの一品をそれぞれ購入。レシートチェックのおじさんがCuteでした。w


IMG_0126.jpg


お腹もすいたのでお次に行ったお店は、どうみても高嶋政伸に似ている
Pedoro's Tacosへ。フィッシュタコスとカリフォルニアブリトーを頼みましたが
とっても美味しかったです。やるな、政伸。じゃなくてPedoroさん。
こじんまりしたお店にはひきりなしにお客さんが訪れていましたよ。

その後、NewPortBeachのNeiman Marcusへ。
ハワイにもある高級デパートですが、メインランドになるとまた雰囲気も
違いますね。サンダルで行くのが気が引けて靴に履き替えたくらいです。w

買い物も終了する頃に、昨日バッテリーのあがった車の修理に行っていた
Jimmyと合流。新しいバッテリーに載せ換えて不安も解消されました。

本当にお世話になったJimmyともここでさようなら。
Santa Barbaraへと帰っていきました。ありがとう、また必ず会いましょう。


IMG_0130.jpg


そこから本日のお宿である、Anaheim RV Parkへ。
ここからであればLAX空港へも近いので、焦ることもありません。
ディズニーランドへ行きたい方などはバスも出ているようなので便利そう。

冷蔵庫のあまりモノをBBQで消化しつつ、全員一旦荷物を外に出してパッキング。
翌日はまず9:30にLAX空港へ行きSHOが帰国、その後キャンパーを返却してから
再びLAX空港へ戻り、KUN×2とRyosuke&Yukiが帰国ということで朝から忙しいため、
全員チカラを合わせてサクサクサクサク動く必要がある。寝坊は出来ません。


IMG_0132.jpg


予定通りにきちんと起床、パッキングもして、シャワーも浴びて、ゴミも捨てたし、キャンパーの掃除、
使った寝具やタオルも一箇所にまとめ、カトラリーや調理器具も入ってきたケースに収納。
長かったようで短かった気もするキャンパーでの旅もこの日で終了。6日間本当にありがとう。
最後にセルフタイマーで記念撮影。w

この後は黙々と、いや粛々とスケジュールをこなしていきます。
まずはSHO、Ryosuke&Yukiを空港でドロップ、Ryosuke&Yukiに荷物番をお願いし、
全員の荷物を一旦空港におろして、キャンパー返却のために初日に行ったキャンパー事務所へ。

日本のレンタカーと同じようにガソリンは満タン返しです。普通のレンタカーと違う点はブラックタンク
という汚物のタンクが空になっているかや、グレータンクという排水タンクが空になっているかなどを
キャンパー事務所へ到着すると係員の方がチェックをします。

全てが終了すると、キャンパー事務所のバスで空港まで送ってくれます。
空港→キャンパー事務所→係員チェック→空港までの移動時間も含めたこの間約2時間弱くらい。

JALにて一足お先に帰国したSHO、SQにて帰国するKun×2、Ryosuke&Yukiもチェックインタイム。
完璧な時間配分でスムーズにいきました。ありがとう、また日本でね!!

みんな予定通りに帰国の途につきました。
あと1泊Marina Del Rayで過ごして、細田はお客様とメキシコへ私は日本へと帰国します。
自分たちの荷物を持ってレンタカーを借りて、まずは本日のお宿があるMarina Del Rayへ。


20120914_112529-1.jpg


黄色い概観のかわいらしいJamaica Bay Innです。
トリップアドバイザーでの評価も非常に高く、ここにしてみました。


IMG_0136.jpg


フロントロビー部分。


IMG_0139.jpg


私たちのお部屋は1階でプールの目の前。


IMG_0138.jpg


シックで素敵なホテルです。
チェックインの後は、キャンパーに乗っていた時はブラブラ出来なかったSantaMonicaへ。
Apple Storeにて不調のipadを見てもらったのですが、担当の人がなんと細田の大学の後輩。
留学していたそうな。学生証を見せてくれました。これも何かのご縁ですかね。w


BP.jpg


Dinnerは旅の打ち上げも兼ねて、Blue Plate Oysteretteへ行きました。
予約は取っていないようですが電話をすると20時くらいに来れば平気と教えてくれました。
電話するのがおすすめです。時間帯によっては待たされるようです。

とても混雑していて、二人で行くと二人がけの狭い席になってしまい、店内は騒々しいくらいで
大きいボリュームじゃないと会話は出来ませんでしたが、料理の方はお店の名前のとおり、
オイスターの盛り合わせやシーフードを色々をいただきましたが美味しかったです。

あまりの混雑にいわゆるテーブル1つに担当のウエイトレスがいるという制度ではなくフロアごとに
数名の担当者がいるようでそれはもう忙しく働いていました。

料理もボリューミーでは全くなく、むしろ日本的な量。
私たちはTシャツとパンツに靴で行ったのですが、ドレスアップしている人もいたので
ドレスコードはうるさくないにしても、ある程度はちゃんとした服装で行った方がいいかもしれません。

最後に食べたイチオシデザートのキーライムパイもなんか丸くてお洒落なスイーツと化していて
一口食べて、『うえーーーん、甘すぎるよーー。』とはならない感じの甘さでした。

きっとちょっとカジュアルだけど、お洒落なお店のはずです。

キャンパーの旅とはまた違った夜を過ごし、早々に猛烈な睡魔に襲われ就寝。
翌日にはバラバラに帰国とメキシコへとなるので、ゆっくりと休んだ休息日でした。


★ご参考までに、今回我々が滞在したRV Park一覧★

(感想も書きますがあくまでも個人的意見です。他にもアメニティがありますのでHPをご参考に。)

Malibu Beach RV Park (1泊)
 トイレとシャワールームは同じ建物の中にあります。いわゆるアメリカのトイレとシャワーといった感じ。
 (個室のドアの上と下が開いてる、シャワールームはカーテンがドア。)
 夜遅くに一人でシャワーを浴びるのは気分的に ちょっと怖いかもしれません。建物に入るための
 暗証番号を知っている人しか入れませんが、トイレに入りに来る人も当然いるので夜だと物音にド
 キっとしました。BBQグリルがあるので、網と炭があれば簡単にBBQ可能。テーブルとベンチあり。

Mission bay RV Resort (3泊)
 トイレとシャワールームはMalibu同様です。施設内をセキュリティが見回りしています。
 Wi-Fi完備でアクセスパスワードを教えてくれますが、我々が滞在中はあまり安定していませんでした。
 BBQグリルはレンタルできます。 テーブルとベンチあり。

San Elijo SB (1泊)
 唯一のパブリックの施設。シャワーを浴びるにはトークンを購入する必要があります。3分1枚。
 20時以降は発電機などの使用は禁止。テント設置のために地面が土なので車内が砂だらけに
 なる可能性大。しかしながらロケーションはCardiffの目の前。
 トイレとシャワーが一緒の個室になっており、施錠できるので夜遅くても気分的に安心。
 テーブルとベンチあり。

Anaheim Resort RV Park (1泊)
  ディズニーランドが近いせいかお子様連れのファミリーが多い。プールやジャグジーもあり、
 非常に清潔、トイレとシャワーは一緒の個室で、施錠できるので気分的に安心。
 夜中になると芝生部分のスプリンクラーが動き出すので濡れないように要注意。
 テーブルとベンチあり。セキュリティーによる見回りもされています。


LAST DAYに続く。

2012年09月19日

California Trip DAY5

IMG_4611.jpg


楽しかった昨夜。
Cardiffポイントの目の前のSan Elijo SBはキャンプ場でもあります。
テントが張れるようにか地面は砂地。キャンパー車内に砂侵入注意です。

隣近所ではテントを張っている人も大勢いました。
ピックアップトラックの荷台に寝袋で寝てる人もいたけど。w

施設内からはCardiffポイントにすぐにアクセス。さあ、朝イチのご様子は?


IMG_4616.jpg


・・・・・・。(フラット)


しかもインディアンサマーの季節だというのに、どんより曇空でうすら寒い。Oh No!!
まぁ、でもこんなこともありますよ。仕方ありません。

若干オチ気味でしたが、なんとSusan&KevinがEncinitasを案内してくることになりアガる我々↑↑
早速出かける準備をして待ち合わせの場所へ。


IMG_4628.jpg


Susan&Kevinのお友だちの営むサーフショップ、SURFY SURFYにお邪魔しました。
美しいボンザーやロングボード、SURF系のものならほとんど揃う完璧なお店。


IMG_4635.jpg


Jimmyの通訳も相変わらず冴え渡っております。
SURFY SURFYを満喫した後はお隣に併設されているカフェでほっと一息。
旅が始まって、ずっとコーラやらペリエやらの炭酸飲料の比率が高かったので
カフェで飲んだカフェラテが最高に美味しかった。。。


IMG_4646.jpg


お茶をしていたら、コーヒーを買いに来たMannyに偶然会ったりして。
ローカルのお店っていう感じでなんかとーっても素敵な時間を過ごしました。


IMG_0080.jpg


サーフタウンって感じですよね。マリア様もサーフィン。

キャンパーですが、ラッキーにも路上駐車OKの場所にババーンと止めることが出来たので
各自ゆっくりとした時間を過ごしたり付近のお店をブラブラ。

Kevinに誘われてカフェから歩いていける距離にあるお店へもお散歩がてらに。


IMG_4663.jpg


早すぎて写っていませんがハチドリがたくさん飛んでいました。本当にハチのように飛んでます。
お花の蜜を吸ってる姿を見るととてもかわいい。


IMG_4668.jpg


中に入ったらきっとドアとかが欲しくなりそうだったので我慢したお店。
なんだか素敵なものがありそうな匂いがぷんぷんしていました。


IMG_4741.jpg


そんな素敵なお店のお隣にあったのが、SEAWEED and GRAVELでこちらも
Kevinのお友だちのお店。ビンテージバイクとビンテージの洋服とサーフィン。
んん〜男くさい格好良いお店でしたよ。


IMG_4761.jpg


Kevinがi-phoneで撮ってくれた写真。
プロって何で撮っても上手いんですね。

優しいKevinは他にも行きたいところがあれば案内するよと言ってくれましたが
さすがにそこまで甘えるワケにはいきません。

Susan&Kevin, Thank you for everything.
See you next time in Japan!!

最後にKevinがサンディエゴサーフフィルムフェスティバルの会場としても知られる
Bird's Surf Shedを教えてくれたので、再びキャンパーに乗りその場所へ。


IMG_4779.jpg


ドーム型のお店。
天井にはズラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアっとサーフボードが飾ってあって圧巻です。


CA4-12.jpg


最新のボードからビンテージのボードまで。41年前のサーフボードもありましたよ。
しかも貸してくれるボードもあるそう。お宝ボードもたくさんあり、マニアにはたまらないお店です。
店内にはシェイプルームもあり、キッズサーファーからオールドサーファーまで幅広い人に愛されている
お店なんだと思わせる、サーフィン文化が根付いているお店。歴史がありますよね。


IMG_4789.jpg


Bird'sを後にして、Outletにお買い物でも行こうと決めたところ、Jimmyの車がバッテリー上がり!
男性陣で車を押す姿、なんかとってもサマになっていました。きっと景色がアメリカだからでしょうか。
本当に旅の最中に起こるハプニングってある意味、エッセンスのようなものですね。

キャンパーからチャージをして無事にエンジン始動。
Carlsbad Premium Outletsへ行ってそれぞれお買い物。

一日の時間が足りずに連日寝るのが24時過ぎ。
さすがに旅も5日目を迎えて疲労も溜まってきたので、この日は早めにベースキャンプへ。
またもやMission Bay RV Resortへチェックインし、BBQをして過ごしました。

翌日はSHO、KUN×2、RYOSUKE&YUKIの最後のFREEの日。
波があれば朝の1Rをこなした後に、LAX空港へのアクセスが良い場所へ移動の予定。
楽しかったSanDiegoともさようならです。

DAY6に続く。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。