2014年04月17日

ジェフリーズベイ。活発なローリング40と南ウネリ

このところ南極近辺のローリング40の活動が相当活発なようで、南極周りに40ftを超えるウネリを発生させる低気圧が4個もありました。

グルグル周って南ウネリを届けているのですが、先週はモルディブ、今週はインドネシア、来週は南太平洋、再来週は中南米とビッグスエルが届く予定です。
というか4個もあるので毎週のようにウネリは上がっているようです。

例年、これからの時期は更に南ウネリが活発になってくるので今年は期待できそうですね。
しかもエルニーニョが5年ぶりに発生しそうだと気象庁が4月10日に発表しています。


2014年4月20日の予報ウネリ図
nvg10.sgwvht.180.glo.gif.png



って訳で、以前から書いているようにこの南ウネリを受ける場所はどこもいい感じなはずですよ〜。


昨日のジェフリーズベイも風が入ってクラッピーなコンディション。本気モードのジェイベイではありませんがこれから大きいウネリが入ってくると思われます。

Morning surf session at Supertubes, Jeffreys Bay. from Pommeline Paton on Vimeo.



こんな時でもイルカとまったりサーフィンなんて極上の体験。

16Apr14 JBY1.jpg



スーパーチューブスは映像の通りこんな感じ。

16Apr14 JBY2.jpg



エンドセクションのアルバトロスもそこそこ… 

16Apr14 JBY3.jpg



極上ではないけどいい波。 それがサーフィンであり、旅であり、人生。
って中田英寿的な感じですが、黄門様も楽ありゃ苦もあるさーって歌ってましたね。

でもイルカとサーフィンって素敵ですね♪


ちょっと仕事が忙しすぎてノンビリ良い波やりたい。そんな時にジェフリーズベイのビーチフロントのホテルに宿泊して波を待つ。好きな時間にサーフィンするという旅のスタイルもお勧め。 ジェフリーズベイには美味しいレストランやワインも一杯あるし。



Keep Traveling!!!!

2013年09月12日

ドキドキするお客様からのメール Back from J-bay

今朝は進めているプロジェクトのとても大事な関門を一つ通過。
そして南アフリカのジェフリーズベイへのサーフトリップから帰国されたお客様からもメールが。

結構、帰国されたお客様からのメールを開くのってドキドキするんですよね。
だって万が一クレームだったら、とか色々と考えちゃうじゃないですか。

でメールを読んでみると、本当にこの仕事していて良かった〜。

弊社はどちらかというとビジネスはビジネスですが、もっとお客様よりというか(他社がそうじゃないって言ってるんじゃないですよ)、やっている自分の気持ちが旅人目線なので出発前に送る資料はシンプルだし、希望していないお土産屋さんに連れて行くようなことはしないし、ガイドはホスピタリティを持って言葉の壁を越えて丁寧に対応するように、現地ガイドさんとコミュニケーションを図ったり、最低限、或いは最高の安全・快適さというものを確保できるホテルや設備を選んだり、そういうことを極力正確に情報提供できるようにと通常では考えられない時間を割いているのですが、、、(お客様との電話が1時間を超えることも…)

波が当たるかどうかは自然の事なので行ってみなければ分かりませんが、実際に満足できるサーフィンができて滞在したホテルも喜んで頂けて、ガイドもしっかりと対応できた事が分かるのは本当に嬉しい。この一つ一つの積み重ねが完成度の高さというか、皆様に満足して頂けるものになるんだと改めて実感しております。


ちなみに、J-bayが当たっているという事は昨日アップしたアンゴラや以前に動画が出たナミビア、更にはこれからオーストラリア、インドネシア、モルディブ、チリやペルーにもウネリが届きそうですね。もちろん、エルサルバドル、コスタリカ、ニカラグア、メキシコといった中南米諸国も期待しちゃいますね。
まだまだ旅はやめられません。

そうそうお客様の最後のこの言葉がまさに代弁してくれています。
 
『旅ほど人生を楽しくするものはないです!!
サーフィン万歳(笑)』


細田さん

南アフリカ旅行でお世話になりましたMです。
滞在期間中はだいたいセットで頭〜頭オーバーぐらいはありました。
最終日はセットダブルぐらいまで上がりました!
しかしダブルまで上がると人も多く、サーファーレベルも上がり僕には手が出ませんでした!!
のでThe pointに逃げました(笑)

しかし、J-bayの波は噂通りすごかったです!
見てるだけでも凄いと思いましたが、乗るとびっくりですね。
こんなパワフルでロングライドできる波があるなんて。
これで人が少なかったら本当に究極ですね!!

最初慣れるまではインサイドの岩がなかなかやっかいでしたが・・
サーフィンしかしてないと南アフリカに来たという感じはしませんでしたが、J-bayは治安も良さそうでよかったです。
宿泊ホテルも想像以上にキレイで快適でした。
英語があまりわからないので迷惑かけましたが、ガイドの方もとても親切で助かりました。

日曜の夜に帰ってきて月曜から仕事でゆっくりする時間がありませんが、今週末は台風ウネリで日本もサイズアップですね!!
休む暇がありません(笑)
短距離J-bayを期待して今週末も海へ行ってきます。

3年連続で移動距離の遠い場所へのトリップ(コスタリカ、モロッコ、南アフリカ)だったので、来年は直通便でも行けるような場所に行こうかと考えてます。

その時はまた宜しくお願いします。
モルジブ辺りがいいでしょうか?でもモルジブは新婚旅行にでもとっておきたいような・・
エルサルバドルもとても興味ありますが・・また遠いな・・
考えだしたらきりがないですね!!
旅ほど人生を楽しくするものはないです!!
サーフィン万歳(笑)


Pic by お客様
2013Sep Mr Murakami photo.JPG

Keep Traveling!!

2012年11月01日

40Yrs Later

モノクロの一枚の写真。

1970年のジェフリーズベイ@南アフリカ

今とは異なり、ビーチの岩場近くまで木が生えてるような気がします。

写真右側が今のPepper stなのか?

サーフバム達が波を追いかけてコミュニティが出来上がっていったんだろうな。

妄想が膨らみます。

陸地は変わったけど、海は今も変わらないように見える。

まだ世の中にはこんな人知れずブレイクしている場所があるのかもね。

May1970
Jeffries Bay 1970.jpg

Now
Lines2.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。