2014年05月21日

ちょっとそこまで

様々なミッションを抱えて急遽行って参りましたバリ島。
ドタバタでしたがしっかりと波にも乗れて良いMTGをすることもできた。

幾つかのトラブルに心がトゲトゲやさぐれた事もありましたがやっぱり旅は良いですね。というかトラブルも含めて旅。
ちなみに滞在中の波は、ウルワツ等で4〜8ft、クラマス等で3~6ft。要はでかい時はダブルオーバーって事ですな。

今回は出会うサーファーからもウネリの大きさ以上にエネルギーが凄いらしいという話を聞きました。
ちょうど満月ですし。バリのお盆のような日でもあったのでWelcome Waveのようでした。

それでもウネリが大きい時でもどこかしらで頭程度の波がある懐の大きさを見せてくれたバリ。
まだまだサーファー天国ですね。


サヌールにあるワールドサファリバリ現地オフィス。
DSCN3268_15600.jpg


のどかな田園風景の奥にマッシブなピーク。
IMG_9180_15050.jpg

こんなに波が大きい時にファンウェーブのポイントはどんなだろうって事で。
IMG_9230_15100.jpg

潮回りでこんな場所も。
IMG_9300_15562.jpg

Surfers Journalで見て以来の憧れの場所。
今回はワイルドすぎて断念。
IMG_9323_15750.jpg

アイランドビューティー
IMG_9339_15766.jpg

定番の味ナシゴレン
DSCN3404_15736.jpg

ピットインして水分補給
DSCN3318_15650.jpg

ウルワツ
IMG_9402_15829.jpg

ケリーでもインサイドまではメイク不可能と思われる超速バランガン
IMG_9470_15897.jpg

レーサレーションは、ロコの独壇場
IMG_9654_16097.jpg

5AM 美しい朝焼け 癒しの一時。
IMG_9721_16163.jpg


Keep Travelling!!!!

2012年10月23日

PNG Tupiraへトリップする8つの理由

パプアニューギニア(PNG)の2012/13シーズンもスタートしています。
Tupira Surf Campは、オープンしてから4年目を迎えます。

昨年までのシーズンを振り返り、とても魅力的なTupiraへのサーフトリップの実情が
はっきりとしてきました。

もちろん、4年の間に色々改善を繰り返してきた結果です。
新しい宿泊施設、改良した食事のメニュー、サーファーの人数制限、スタッフ、
PNG国内でもトップクラスのコンスタントにブレイクするライトハンダー等色々とありますが、
整理してみると。

★PNG Tupiraへサーフトリップをする8つの理由
1.土曜日〜土曜日までの8日間でこのような秘境に旅ができる。
2.秘境のような場所なのに旅行代金が、20〜25万円でフライト、送迎、宿泊、3食込。
3.同時に最高15名までのサーファーしかこのエリアでのサーフィンが許されていない。
  Tupira Surf ClubとPNGサーフィン協会が管理しています。
4.PNGの中でも最もコンスタントなサーフポイントの一つが目の前にあります。 
  潮位に関係なく、パドルアウトでサーフィンが可能。
  10月〜4月の間は磁石のように北ウネリを吸い寄せます。
5.他にも質の高いレフトハンダー、ライトハンダーが5〜30分のボート、又はドライブ圏内に。
6.サーフィン、フィッシングトリップの為に新しいボートが加わりました。
7.BIG HAUSという新しい大きなツインルーム(バスルーム付)が2012/13シーズンから加わりました。
8.7日間のローテーションで新しい食事のメニューができました。

皆様、如何でしょう。
更に写真をご覧になってインスピレーションを膨らませてみてください。

BWTuprialongboard1.JPG

cultureshow1.JPG

greatsurfaction1.JPG

March-2012-5.jpg

New-Haus-1.jpg

New-Haus-2.jpg

Nice-Sunset.jpg

Tupiragirlonlongboardgreatcolours4.JPG

Tupira-March-2012-11.jpg


Tupira-right-hander.jpg

Tupria-right-1.jpg

Tupria-right-2.JPG

Tupria-right-.jpg

villagelife.JPG

2012年07月10日

Big Long Left Hander

南半球の動きが活発になっています。

10July1.jpg

10ftを超えてくるとこんな波がぁぁぁぁ。

10July3.jpg

ロングライドしたらディンギーでピークまでスイーっと。
10July2.jpg

さてこの南ウネリ、当然中米にも届くのです。

さぁ、今メキシコやらエルサルバドルにいるお客様にも恵みのBig Swellとなるのか。

楽しみです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。