2007年01月20日

バリでサーフィンするならニュピの日は・・・

避けたほうが良いかもしれませんね。

今年の『ニュピの日』は2007年3月19日(月)。

『ニュピ(ハリ・ラヤ・ニュピ)』とは、サカ暦元日に行われるバリ島独特の行事です。この日は乗り物に乗る事も外を歩く事も、火の使用、殺生を禁じられていて、バリの人々は家の中で静かに祈りと瞑想の時を過ごします。これはヒンドゥー教の人だけでなくバリに滞在する観光客にも当てはめられ国際便を含む航空機の運航もなくなります。テレビやラジオの音もしないように注意が必要です。レストラン、ショップ、スパ、観光施設等は営業休止、ホテルに関してはスタッフは少なくなるものの、通常の営業は行います。エアポートシャトル等は動きますが観光客と言えども宿泊ホテル敷地外を出歩く事も禁じられています。ビーチも警備員が人を退けているのでサーフィンも・・・

凄いですね。観光立国なのに全てOFF!!徹底しています。
日本じゃありえないことですが宗教的なものなのでちゃんと尊重したいですね。

と言う事で、3月19日にバリへサーフトリップにいかれる方はご注意を。
個人的には、旅の楽しみはサーフィンだけではないので世界でも稀有なこのバリの祭事の沈黙の中でユックリと過ごすのも自分を見つめなおしたりするのに良い機会だと思いますが。

◆Blogランキングにご協力を! 今日は何位!?







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。