2013年11月11日

ミクロネシア ポンペイへのサーフボードチャージが緩和されました

ミクロネシアのポンペイへはUA、ユナイテッド航空しか選択肢が無いのですが、そのUAのサーフボードに対するエクセスチャージが緩和されました。

10Nov13 PSC1.jpg

詳細はこちらをご覧頂くとして、
http://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/baggage/sports.aspx

このような記述が。(変更される可能性があるので詳細は必ず上記リンクかUAに直接ご確認願います。



ユナイテッド航空では、適切なボードケースに梱包され、かつ重量が45.3kgを超えないサーフボード、ウェイクボード、およびパドルボードについては受託手荷物としてお預かりいたします。サーフボード、ウェイクボード、またはパドルボードの手数料は、米国、カナダ、プエルトリコ、米領バージン諸島間のご旅行では100米ドル(片道)、その他すべてのご旅行では200米ドル(片道)となります。

    スケッグ(フィン)はあらかじめ外しておくか、パッドなどで保護してください。サーフボード/ウェイクボードは、傷がつかないよう専用のケースに収納してください。ユナイテッド航空では、サーフボード、ウェイクボード、およびパドルボードの破損に対しては一切責任を負わないものとします。 サーフボード、ウェイクボード、パドルボードについては超過分に対する保険をご購入いただけません。

    合計で45.3kgを超えるボード/ボードケースは受託手荷物としてお預かりできません。

    注記:ユナイテッドでは、292cmを超える長さのサーフボード、ウェイクボード、パドルボード、ボードケースは受託手荷物としてお預かりできません。ユナイテッドエクスプレスのフライトでは、サーフボード、ウェイクボード、パドルボード、ボードケースには航空機の積載制限が適用され、203cmを超える長さのボードは受託手荷物としてお預かりできません。超過手荷物の特別制限期間中は、サーフボード、ウェイクボード、パドルボードをお預かりできません(例外としてコスタリカ行のフライトではサーフボードをお預かりいたします)。


つまり複数名のサーファーのサーフボードを1本のコフィンケース等に入れていけば全員分のボードが片道US$200で済みます。今までは1ケース2本までと言った制限が付いていたのですがこれで少しはコスト削減になるでしょうか。
重量については、通常の荷物の重量制限が32kgまでなので空港によっては32kgまでに収めた方が良いかもしれないとの事でした。


ミクロネシアのポンペイは今年も絶好調。
10月後半から波が続いています。

11月10日。

10Nov13 PSC6.jpg

10Nov13 PSC7.jpg

10Nov13 PSC14.jpg

10Nov13 PSC15.jpg

10Nov13 PSC12.jpg

10Nov13 PSC11.jpg

2013年07月29日

秋冬サーフトリップは暑いうちに!

7月も最終週。木曜日からはもう8月です。
日本が最も暑い月。

そんな夏真っ盛りの時期ではございますが、そろそろ秋冬のサーフトリップの準備、予約をする時期がやってきました。

というのも既に東台湾は、年末の予約が入っております。 後空室は1室なのでお早目に!

他にも秋のモルディブや中米のエルサルバドル、ミクロネシアのポンペイはもちろんインドネシアのパチタンやニアス等も秋や冬のトリップ先として問合せや予約を頂いております。



その中でも今日お勧めしたいのは、ポンペイ。
ピークシーズンの写真や映像を見て頂いているのでそのクオリティはご理解頂いていると思います。
ボトムの地形、波のブレイクの質、どれをとっても一級品。
同時にサイズがダブルを超えたら中級者には手に負えなくなってくるともお感じの方がいらっしゃるのは、問合せを頂く方へのコンサルティング結果に出ています。



逆に言えば、頭オーバー位のポンペイ、P-PASSって波質的にも最高という事だと思います。
肝心なのはそれがいつなのか!という事ですよね。


実は、ピークシーズンはいつでもそんな状況なのですが。。。というのも平均のサイズは頭前後なのでピークシーズンに行けば99%楽しんで頂けることができると思います。残りの1%は波が大きすぎるか、風が悪いか。と言っても1週間その状態が続くことはないのでトリップ中には必ずサーフィンできますし、大きすぎる波から逃げれるポイントもあるのでご安心を。

それでも不安と言う方、もう一つの時期は台風が発生した時です。

西ウネリでこんなグラッシーでサーファブルな波が出現します。 更に台風が発生する8〜10月はゲストも少ないのでもし台風が発生したタイミングでスクランブル出発できるのであれば貸切サーフも実現できそうです。

dave1.jpg

今年は、ポンペイで最も有名なヴィレッジホテルが営業を終了してしまった影響でPSCがあるPCRにはサーファーだけでなくダイバーや一般の観光客の予約も増えており、予約も早く入ってしまっているので中々予約し難くなりそうですので早めに検討される事をお勧めします。


Keep Traveling!

2013年02月18日

Surf's Up キャロラインアイランズ ポンペイ 2/17

今年は大当たりと何度も伝えているミクロネシアのポンペイ。
1月下旬からサイズのある波も入ってきておりピークの時期真っ只中。

先週も素晴らしいコンディションが続きました。

中級~上級サーファーには一度は行ってもらいたい島。

波が素晴らしいのはもちろん。
日本が統治していた名残りで、日本人にも何かホッとする空気が漂うこの島。

レストランでは刺身定食や親子丼が食べられたり、日本語を覚えているお年寄りがいたり、
PSCがあるPCRホテルは日本人会のヘッドクォーターになっているのでお祭りが開催されたりと
もし英語が苦手な人でも日本語がチラホラ聞こえたりしてホッとするかもしれませんね。

例年3月、4月も波はサイズダウンしながら続きます。
今年のコンディションを見る限りはかなり期待できそうです。

頭前後であんな波をやりたい方には大チャンスと予想しているポンペイ。
春のトリップ先候補にいかがでしょう。

どんなラインを描く?
17Feb PSC1.jpg

次の波に思いをはせる。 まだまだ混雑ないです。
17Feb PSC2.jpg

開きっぱなしのチューブ。
17Feb PSC4.jpg

晩御飯とってくるぞ〜 by Jerry
17Feb PSC10.jpg

陽気でお茶目なロコ&スタッフ!
17Feb PSC12.jpg


Keep Traveling.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。