2014年02月17日

Matador in Baja California 3

クアトロカサスの夢のような環境ともお別れ。もしかしたら、あの場所を貸切できるなんて奇跡的なことかもしれない。
好きなだけサーフィンして、スケートして、飲んで、ご飯食べて。そして語る。とにかく自身を皆の前で曝け出して語る。
まるで我が家のようにリラックス。
お別れ前にはキッチンを来た時以上に磨いて立つ鳥跡を濁さず。
ちょっぴり寂しかったがリチャード、シャーリーンとも再会を約束して次なる場所へ。

IMG_8729_14449.jpg



途中、K58等をチェックしながら車を北へと走らせていたのだが、圧巻だったのは崩落したシーニックロードの迂回路から1号線に戻って来るや否やダブル位のほぼダンパーの波が視界に飛び込んできた。


3台のマリンジェットが滑走していたので目を凝らすとトウインしているではないか。
それが恐らくこれ。テイラーノックスだ!!

http://vimeo.com/traviskuhlman/dosdias



我々、というか私(だけ?)のテンションが最上級に上がったのは言うまでもない…

しかし、K58をチェックするもウネリが大きすぎるようでイマイチなコンディション。

旅は焦っても仕方ないし〜。って事で、腹ごしらえは10月にも行ったレストラン。
もちろん、今回もロブスター、オイスター、etc。
極上のシーフードにお腹ポンポンって事でまたもや北上。
目指す場所は後数km。

とりあえずコレでしょ。 自家製サルサが美味しい。
IMG_8760_14480.jpg

トルティーヤのスープが優しく胃に染みわたる。
_SHO1789.jpg

どのサイズにする?
_SHO1781.jpg

サイズも大きくミルキーでオイスター愛好家としては堪らない。
IMG_8770_14490.jpg

セビーチェ!エルサルバドルとはちょっと違う感じだが、美味しい。
IMG_8772_14492.jpg

美味しくない訳ないでしょ。
IMG_8774_14494.jpg


そして到着するや否や目の前に飛び込んできたのは宿の前のポイントがGoing Off!
同宿のCAサーファーは、
「このポイントが割れるのは滅多にないことなんだ。凄い瞬間に立ち会ってるんだぜ。」
「午後早い時間帯は、潮も良くてアウトからインサイドまでつなげると200ヤードライドだ。」
なんて大興奮。

そして
「明日は、更にサイズアップ。 6〜8ftがアベレージ。最大セットは12ftだろうな。サーフィンするんだろ?」

_SHO1832.jpg

_SHO1836.jpg


じゃぁ、明日でいいやって事で陽も落ちかけてきていたので無理して入らずロザリトでお買い物〜。

マーケット奥深くに入っていくと、売人共が目を光らせている。
と言っても危ない雰囲気はなく、フレンドリーで屈託のないシツコイ奴らが値段の交渉してくる。笑

DSCN3092_14734.jpg

DSCN3095_14737.jpg



この日の晩御飯はどこにしよっかなとクルーズしているとインパクト大な看板発見。
Takちゃんのインスピレーションもピピッと来たのかUターンしてピットイン。

この日は、ポールダンサーはいなかったので写真だけ楽しんできた。w

丸だしの女性の写真が壁一面に。 この店はシークレットです!
20140124_194824.jpg

バハカリフォルニアのラストナイトはユックリ寝るかな〜と思ったらCruzの一言で頭の中にアイデアが巡ってきて寝れなくなった人1名。
20140125_000156.jpg

まだまだバハカリフォルニアの夜は長いのであった。

Keep Traveling!!!!!


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。