2012年10月23日

PNG Tupiraへトリップする8つの理由

パプアニューギニア(PNG)の2012/13シーズンもスタートしています。
Tupira Surf Campは、オープンしてから4年目を迎えます。

昨年までのシーズンを振り返り、とても魅力的なTupiraへのサーフトリップの実情が
はっきりとしてきました。

もちろん、4年の間に色々改善を繰り返してきた結果です。
新しい宿泊施設、改良した食事のメニュー、サーファーの人数制限、スタッフ、
PNG国内でもトップクラスのコンスタントにブレイクするライトハンダー等色々とありますが、
整理してみると。

★PNG Tupiraへサーフトリップをする8つの理由
1.土曜日〜土曜日までの8日間でこのような秘境に旅ができる。
2.秘境のような場所なのに旅行代金が、20〜25万円でフライト、送迎、宿泊、3食込。
3.同時に最高15名までのサーファーしかこのエリアでのサーフィンが許されていない。
  Tupira Surf ClubとPNGサーフィン協会が管理しています。
4.PNGの中でも最もコンスタントなサーフポイントの一つが目の前にあります。 
  潮位に関係なく、パドルアウトでサーフィンが可能。
  10月〜4月の間は磁石のように北ウネリを吸い寄せます。
5.他にも質の高いレフトハンダー、ライトハンダーが5〜30分のボート、又はドライブ圏内に。
6.サーフィン、フィッシングトリップの為に新しいボートが加わりました。
7.BIG HAUSという新しい大きなツインルーム(バスルーム付)が2012/13シーズンから加わりました。
8.7日間のローテーションで新しい食事のメニューができました。

皆様、如何でしょう。
更に写真をご覧になってインスピレーションを膨らませてみてください。

BWTuprialongboard1.JPG

cultureshow1.JPG

greatsurfaction1.JPG

March-2012-5.jpg

New-Haus-1.jpg

New-Haus-2.jpg

Nice-Sunset.jpg

Tupiragirlonlongboardgreatcolours4.JPG

Tupira-March-2012-11.jpg


Tupira-right-hander.jpg

Tupria-right-1.jpg

Tupria-right-2.JPG

Tupria-right-.jpg

villagelife.JPG


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。