2011年05月18日

アーリーシーズンのキャロラインアイランズは狙い目?_サーフガイドのアロイスの予想

昨日に続きキャロラインアイランズのInfo。

皆さん、気になるNext SeasonのキャロラインアイランズのコンディションについてPSCのヘッドガイドのアロイスからのコメントをご覧ください。

昨年は、夏の間は波も風も無く、アーリーシーズンはクリーンなコンディションで楽しむことができました。


From Allois-----
北太平洋は、夏に特徴的な巨大な高気圧に覆われている。
既にいくつかの台風や熱帯低気圧が発達しながら西へ移動し、いくつかの低気圧はウネリを生み出すが、キャロラインアイランズには高気圧がブロックして今のところ届いていない。恐らく水曜日には頭サイズの東北東ウネリが届くだろう。

いくつかのタイミングで、雨季が終わった事を判断することができるが、今日の時点ではまだ分からない。

ラニーニャが兆候があり、ENSOレポートによると秋にもラニーニャ現象が生じるのではないかと言われている。
私見だが、現状とこの数年の経験から7月中旬から11月下旬/12月上旬までは風は弱いかほとんど吹かないと思われる。
7月中旬には、いくつかの南ウネリが届くはず。(昨年は全くなし。一昨年は、豊富なウネリだった)
8月には、台風のウネリが届く。(同様に昨年は全くなし。一昨年は豊富なウネリ)

9月10月のポンペイの天候は素晴らしく、ポンペイにいるのが大好きだ。
クリーンなコンディションで周りには誰もいない。 2011/12のアーリーシーズンは良いシーズンになると思う。

----------------------------

恐らく、2011/12のアーリーシーズンも昨シーズンと同様のGoodコンディションを予想しています。
もし波がなくてもこんな綺麗な海で遊びましょう!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。