2010年08月19日

Just a matter of Style

今年もキャロラインアイランズのシーズンが10月から始まります。
インド洋程のコンスタントさはないかもしれませんが太平洋独特のパワーのある波と、あの島を気に入って毎年通う方がいます。


海外でも頻繁に取り上げられる一つのステージとしても認知されているP-PASS。 巨大なウネリが入った時には今までP-PASSが最も小さく、逃げ場がなかったのですが昨年発見されたウエストサイドのポイントでは半分くらいのサイズでサーフィン出来る事が分かりました。

そんな数多くのパスが眠るこの島でサーフィンしたプロサーファーは数多くいますが、その中でも印象的な2名がケリースレーターとニールパーチェスJr。

同じポイントでも乗り方は全然違いますね。(波のサイズも違うけど)


パイプマスター優勝前に自分でシェイプした5ft台の短い板を使ってボトムターン。
k4.jpg
トップでカービング。 パワフル。
k5.jpg


一方こちらはニールパーチェスJr。 彼と言えばGlass Loveでしょうか。


このボトムターンカッコイイ。 スムースで鳥みたいにFlowしてる感じ。
bt4.jpg


n9.jpg


こんなDVDも作ったな〜。 この時のP-PASSは波は頭位ですが、全員のスタイルが違った。



選ぶ板、乗り方、全てがその人のスタイル。 勉強になります。



お問合せは下記バナーをクリックするか、
03-6400-0505(平日10時〜18時)までお電話ください。
go-wsj.gif

キャロラインアイランズの詳細はこちらから。

PSCBanner.jpg

食事は全て込み。 ビールとワイン(ランチ&ディナー時)も飲み放題。
なんと言ってもサーフガイドのケアがとても好評です。

maldive-resort.jpg


ライトハンダーの聖地 Jeffrey's Bay
Jbay-banner.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。