2014年06月25日

再び中米へ

先週はWorld Surfaris Japan恒例の中米視察ツアーへ。


波だけ、サーフィンだけを求めているならば近場の台湾やインドネシアで充分なんだけど。
中米には遠くても行きたくなる魅力、魔力がある。


波、人、食事、音楽、アルコール、空気感、文化等。
そこでしか出会えないリアルがある。


ここ最近は、中米と言えばエルサルバドルが日本でも少しずつ注目を集めるようになったようですね。
問合せも増え、サーフィン関連メディアでも取り上げられることが多くなってきた気がします。


そんな中米トリップ。
我々が期待しているのは優れた水先案内人。

そして今回の目的地は自身初めての地であるニカラグア。
ビーチブレイクを中心にいくつかのリーフポイントが大きいスエルに反応してとんでもないバレルを形成する。
レフトがメインだが、ライトもある。

surf04.jpg

それ位の情報しかないため、百聞は一見に如かず。
現地のフレッシュな情報や緊急時の体制を万全にするためにも現場で話をするのはとても大切。
ネットでコミュニケーション取っているから大丈夫だと思っていると足元をすくわれる。
やはり直接会ってコミュニケーションをとるのはとても大切。
だからこそ毎年行ける限り色々な場所で現場を見て、コミュニケーションをとるのです。


ロス、エルサルバドル経由のレッドアイフライトをクリアしてニカラグアの玄関口マナグアに到着。
送迎車に乗り込むとあっという間に睡魔に襲われ2時間半のドライブはほとんど夢の中。

今回のお宿はホテルイザベラ。
海からゆっくり歩いて徒歩5分。目の前は教会で閑静な場所。
余談だが朝食のパンケーキ、ワッフル、オムレツは極上。


ベランダから臨む教会
IMG_9874_17146.jpg

ホテル
DSCN3529_17066.jpg

可愛らしい。
IMG_9876_17148.jpg

フワフワカリカリ。
IMG_9872_17144.jpg

レッドビーン、ライスが美味。
IMG_9870_17142.jpg

ホテルのシグニチャーオムレツ的な。
DSCN3517_17054.jpg

ベランダからはブラジル的なあの方も。
DSCN3567_17104.jpg


今回の水先案内人であるTom Eberly。(写真右側)
カリフォルニア出身のシェイパーであり1974年に初めてニカラグアへ来たそうです。
2000年にNicasurf Intlを立ち上げ年に数回CAに帰国する以外はニカラグア拠点。
Dick BrewerやMike Deffenderferをメンターとして仰ぎ、パットローソンやベッセル、ハミッシュグラハムと言った多くのシェイパーを指導してきたそうだ。
何でもライトニングボルトやジョエルチューダーにもボードを提供していて80年代のTwin Finはもちろん、最新のショートボードも乗らせてもらったが中々の調子の良さでした。

余談ですが、私も晩年のマイクに会ってボードをシェイプしてもらった事があるので何となくな親近感でした。

IMG_9846_17118.jpg

ディナーは含まれていないので夜の街へ。
体感としてサンフアンデルスルはとても安全な街。
多くのバックパッカーやツーリストがこの海辺の街で過ごしており、街の人もココはとても安全だと言っておりました。
ニカラグアは危険なイメージがありますが、他の場所とは少し違うようですね。

但し、このオジサンには要注意。面白い人なんですけど戸隠流の忍者の修行をしたことがあるらしく、日本人を見ると忍者の技を仕掛けてきます。それが痛いのですよ。冗談って分かっていても痛い。痛い。痛い。w

って言うかラテン系は相変わらずテンション高いなぁとここでもシミジミ思う訳です。

IMG_9867_17139.jpg


そんなニカラグアントラップにもめけずに翌日のサーフィンに向けて日本代表張りに高めていくわけです。(負けちゃって残念。)


Keep Traveling!!!!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。