2013年11月14日

サーファーの味方 シンガポール航空

シンガポール航空がエコノミークラスでも30kgで無料受託手荷物を許容するようになりました。
アメリカ方面ではマレーシア航空とシンガポール航空だけがサーフボードにチャージが掛からない航空会社です。
そしてインドネシアやモルディブに行くのにも便利な航空会社。

30kgまで無料であればサーフボードも持って行けるし、一杯お土産も買ってこれますね!


詳細は下記を参照願います。


シンガポール航空は11月15日(金)からシンガポール航空とシルクエアーの無料受託手荷物許容量を拡大します。

この度、全クラスの無料受託手荷物許容量をそれぞれ10kg引き上げ、スイートおよびファーストクラスのお客様は50kg、ビジネスクラスのお客様は40kg、エコノミークラスのお客様は30kgまでとなります。

個数制限制が適用される出発地または目的地に米国を含む便は、手荷物許容量が、スイート、ファーストクラス、ビジネスクラスで、1個当たりの重量が23kgまででしたが、今回の変更で1個当たり32kgまで(個数は2個まで)となります。
シンガポール航空 セールス・マーケティング担当アクティングシニアバイスプレジデント チン・ヤウ・センは次のように述べています。「無料受託手荷物許容量の拡大は、お客様の声に耳を傾けた結果であり、顧客サービスの絶えまぬ向上を続けるというコミットメントを裏付けるものでもあります。」
シンガポール航空のクリスフライヤー・エリートゴールド会員およびスターアライアンス・ゴールド会員のお客様は引き続き、全クラスにおいて、20kgまでの手荷物超過分、アメリカ、ブラジル発着便にご搭乗の際は、手荷物1個の超過分を超過料金なしでご搭乗いただけます。
シンガポール航空のPPSクラブ会員 のお客様はご搭乗のクラス毎で、それぞれの2倍分の手荷物超過分まで超過料金なしでご搭乗いただけます。


SQ-Baggage.jpg


posted by Tomo at 19:38| ワールドサファリジャパン>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

Surf's Up 東台湾 11月12日

既にシーズンインな東台湾のサーフィン。
今年は10月の台風からのウネリが頻繁に入り10月のコンディションが非常に良かったのですが、11月は北東からのウネリがコンスタントに入るのでサーフィンできない日はほぼありません。


11月12日
12Nov13 TTT1.jpg

11月10日
10Nov13 TTT1.jpg

11月8日
8Nov13 TTT1.jpg

11月8日
8Nov13 TTT2.jpg


東台湾の料金もアップデートしておりますので台湾でのサーフィンに興味がおありの方は是非チェックしてみてください。
http://wsj2.seesaa.net/category/7694265-1.html

【補足】
上記料金表で各発着地で3種類の料金があります。 
フライトの空席状況によって料金が変わるのですが、一番上の「スペシャル料金」が最も安く。
順番に「ちょい得料金」、「年末、レギュラー料金」と高くなります。

お問合せ頂いたタイミングで予約可能な最も安い料金を案内させて頂きます。
もちろん、キャンセル待ちも可能です。

まずはお問合せを! こちらから出発日、帰国日、人数、発着空港をお知らせください。


1台湾料金.jpg


Keep Traveling!!!

2013年11月12日

A Day in the Life 〜フィリピン Day5〜

現地11月5日。

昨日波を外したことを自戒して今日は無駄に動かずに近場の可能性の高い場所だけを狙おう。
なんてただの飲み過ぎの言い訳なんじゃないのか。とお思いでしょう。 はい。 その通りです。

DSCN2661_8936.jpg

だって今日もウネリはスモール。Small。小波。
先週頭オーバー、来週頭オーバー。僕らはウネリの狭間。という事なので悪あがきしても仕方ない。
それでも最大胸でサーフィンできているんだから良しとしようじゃないか。
旅にはこんな事は付き物さ。
日本だって毎日は波ないだろ。世界のどこに行っても波が無い時ってあるんだよ。
旅を楽しめよ。

って言い聞かせるしかないでしょ?笑
普通だったらサーフィンが主目的の旅で波を外したらガッカリしちゃいますよね。

でも雲をノンビリ眺めるのも悪くないですよ。
DSCN2715_8990.jpg



正直、フィリピンのロコも町も面白いし、個人的には波が無くても仕方ないと思えるタイプなんです。
だって自然の事だもん。

確かに、この場所の本領発揮をした場面を見たかったけど。
とは言え、この時期はウネリがどれだけ小さくても最低限乗れる波はあるのだなとその状況を目の前で確認できたし、ココにあるポイントの多くがポテンシャルが高いことも理解できたことは収穫。
このBlogを見ても実際に現場にいないと語れない事が一杯ある。 それは私の文章力不足かもしれないがやっぱり行ってみて感じる事が大切でしょう。
そう。ここに居ること自体が私にとっては刺激の塊。波乗りも楽しいけどそれ以外の時間も楽しい。

これは台湾に通じる環境かもしれない。
台湾も、波が無かったり風が入っちゃうとビール飲んだり、街に出てマッサージしてもらったり、ご飯食べたり、ガイドや知り合った人たちと遊びにいくのです。


波のコンディションは神のみぞ知る。どうにもならない事。
だったらその時できる事を楽しむのみ!


と思いつつも、潮が引いてきて形良くなってきた目の前の沖のピークへゲットウエット!
ここのポイントはやったことが無かったのでいい機会。

これが意外と遠い。岸壁から見ると膝波だが、着いてみればやっぱり腰腹。
厚めだがパワーあるので押してくれて面白い。 ここのピークも頭位あればピークがポコッと掘れて面白そう。
DSC_0142.jpg

そのままパドルで隣のピークへ移動。ここはロングボーダーが多くマニラのラウニオンから大会参加のために来ているプロの方や女性サーファーが楽しんでいる。
サイズは腿腰程度だがピークは結構掘れて横に早い波。ロングボーダーはボトムターンからハング5、カットバックと技を決めている。ピークによって全然波質が異なるのも面白い。

結局楽しめちゃいました。


さらに引いたら河口のポイントもできちゃうかな?お昼の潮の上げに期待。
ナガヤンは朝のサーフィンで狙っていたポイントができたのでお昼はNo Surf。河口の川下りして遊んでくるよ〜なんて。

我々が河口の膝波で遊んでいるところに川下り終わったナガヤンが来るかなと思ったが全く姿を現さない。

後で聞いたら、潮の上げが意外にもきつくて川下りのはずが川上り。
ガンガン上流に流され、大河のように幅の広いところに出たり、民家の番犬に吼えられたりしたそうだ。
川沿いを歩いて1時間もかかって帰ってきたという事は3km程川上っちゃったって事?

相変わらずやる事が大胆、と言うか、、、遊びの達人。最高です!


こんなに広い川に。
Nagayan5.jpg

番犬を飼い馴らす男。
Nagayan4.jpg

誰のボートですか?
Nagayan6.jpg


戻ってくると夕方になっても来週に控えるサーフィン大会の準備に余念がない。
子供達はお昼頃からダンスの練習。 大人は、会場設営でトンテンカンテン。

Nagayan9.jpg

ちょっとお姉気味の君!
Nagayan8.jpg

ローカルと、他愛もない話に花を咲かせ
Nagayan1.jpg

子供の笑顔にホッコリ。
Nagayan7.jpg

Brianはセブ出身。波が無いので毎月1回国内を旅しているそうだ。 ビールを振る舞い、
飲んでくれるとありがとうと言う素敵な心の持ち主でありCoolな男だ。 
我々もビールを持ちより、ひたすら飲む。飲む。飲む。AK男、飛ばし過ぎだぞ。
20131105_213227.jpg

こうしてフィリピン最後の夜が更けていく間もなく車に乗って空港へ向かう。 
午前6時。予定通りに空港に到着。
皆ともお別れ。マニラの空港でビールにやっつけられ機上の人となるのだ。

また遊びに来るからね。フィリピン。
サポートしてくれたジンジン、トト、エドウイン、リッキー、エミちゃん、ロコのコンコンにアトイニ、
その他大勢、セブのブライアン、海で貴重な時間をシェアした皆さん、ありがとうございました。



DSCN2787_9062.jpg

ボーダー兄弟
DSCN2788_9063.jpg

番外編

空港の秤。中々のアナログですね。
20131106_064545.jpg


フィリピントリップ 完。

Keep Traveling!!!!

PS. 台風の影響でフィリピンの一部は甚大な被害を受けました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被害に会われた方々が少しでも早く安心できるよう少しながら協力させて頂きます。 色々と支援している機関もありますのでもし可能な方はご自身でチェックしてみてください。
posted by Tomo at 16:38| ワールドサファリジャパン>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。