2013年11月29日

エルサルバドルグルメ事情

ベストシーズンは4月〜10月、11月〜3月でもウネリは小さいものの1年を通してフラットになることはほとんどない中南米のエルサルバドル。

滞在中のサーフィンはもちろんのこと、“食”も楽しみのひとつ。
エルサルバドル料理と聞いてイメージしても、はて?どうも明確なイメージが沸かないというのが正直なところではないでしょうか。
弊社メンバーもさっぱりわからずといったところでしたが、実際に行ってみてこんなにも美味しいモノがあるのかと驚いたのを覚えています。

太平洋に面したエルサルバドルはシーフードがたくさん。
当然、海に面したサーフキャンプやホテルに滞在するので、様々なシーフードを食べる機会が多いのです。

20131007_151643.jpg

ラスフローレスエリアにあるサーフキャンプ(アトラカマニ)に、採れたての牡蠣を売りに来たおじさんから購入1ダース2ドル!!
日本で食べる牡蠣よりも小ぶりでさっぱり味。ライムをたくさん搾ってツルッといただきます。

他のお店に行くこともありますが、とにかくアトラカマニの料理が美味しいのでどうしても出不精になってしまいます。

20131007_091113.jpg

朝食のエルサルバドリアンセット。
スクランブルエッグ(目玉焼きやオムレツも可)と左側はソテーしたバナナ、右手前はビーンズのペースト、これに日替わりフレッシュジュースとトーストが付きます。

日本で食べているバナナとは違い、酸味のあるバナナはソテーするとほんのりとした甘みも出て外はカリッと中はしっとりの食感。バナナだけ別でおかわりしたくらいに美味しいです。

DSCN1694_5252.jpg

タコスもGood!!
フィッシュとチキンのタコスを食べましたが、日本のタコスとは違い柔らかいトルティーヤと絞ったライムがさっぱりとして絶妙です。

DSCN1748_5415.jpg

ロコのレストランに行ってもお豆のペーストはつきもの。
見た目があんこみたいですけど、甘くない身体に良さそうな味がします。チキンやビーフ、ポークを煮込んだ料理も定番のようでご飯がついてくるのでプレートランチのような感じ。
骨付きのチキンを食べると、日本のスーパーで売っているチキンは手羽先や手羽元以外はほとんど骨なんてお目にかからないので、すごく管理されていることを感じ、良いのか悪いのか微妙に思ったりもしますが。w

DSCN1965_7754.jpg

ラリベルタエリアのフィッシュマーケット。
様々な種類の海老たち。貝やお魚、干物なんかもあって露店でセビーチェを買って食べながらお散歩なんかも出来ます。

エルサルバドルの食は一言で言うと、THE ヘルシー。
豊富な魚介類と素材の味を生かしたモノばかり。滞在中に内臓もデトックスされて帰って来るような気さえします。

でも・・・・

20131012_213857.jpg

トランジットのアメリカでコレ、食べたくなっちゃうので全然デトックスされないというオチが付きますが。。。w

こうして今日もポンペイに波があがる

今年も問合わせを頂いているミクロネシアのポンペイ
ウネリの様子をご質問頂くのでここでポンペイに波がヒットする法則を簡単に解説。

これは本日11月29日(金)午前6時の実況天気図

西高東低の冬型がバッチリ決まり、日本の北東海上では等圧線がギュゥーーっと。
ここでガンガン風吹いてますね。
weathermap00.jpg

下記は、11月29日(金)0時のウネリ予想。
前に通過した低気圧の影響で太平洋の真ん中はウネリの高い状態。
そして上記天気図にある日本を抜けたばかりの低気圧の影響でウネリが高くなり始めています。

このウネリがハワイにまずヒット!

Storm1.jpg



下図は、12月1日(日)のウネリ予想。
太平洋の真ん中に集中していたウネリが分散して四方八方に飛び散るイメージ。
あくまでもイメージね。その時によって色々と変わるようです。

大体ハワイにウネリがヒットしてから24〜48時間するとポンペイがウネリが届きます。
日本を低気圧が通過して大体1週間前後でポンペイまでウネリが届くという事ですね。

ちなみにポンペイは東経158度、北緯8度です。

見て分かるようにウネリは2~3サイズ小さくなって入ってきます。


Storm2.jpg

これがポンペイの衛星写真。
パスの切れ目が見えますね。このパスの切れ目で波がブレイクします。
10月〜4月の時期は、北や北東からのウネリがメインとなります。

Pohnpei_Island.jpg

ポンペイの波の平均サイズは胸〜肩。
大きなウネリが入ればダブルオーバーヘッド位に。最も大きくなることも年に数回あります。
逆にウネリの谷間には腰程度に下がる事も。

10Nov13 PSC8.jpg

10Nov13 PSC6.jpg

19Nov13 PSC1.jpg

太平洋の真ん中にポツリと浮かぶ島。
気持ち良いサーフィンができますよ〜♪

10Nov13 PSC11.jpg


Keep Travelling!!!

2013年11月28日

東台湾グルメ事情

サーフトリップですから旅先の選択の際の重要項目として挙げられるのは“波”でしょう。
しかしながら食いしん坊の多い弊社では、“美味しいモノ”も重要項目の一つとしています。
 
美味しいモノを良い波に乗った後に食べる。
サーフキャンプに来ているゲストとわいわい一緒に美味しいモノを食べる。
食事もサーフトリップやコミュニケーションの大切なツールだと考えています。

さて、先日訪れた東台湾でのグルメ。

個人的な意見なので全ての方に当てはまるとは言えませんが、台湾料理は基本的には日本人の口に合うものばかりです。(臭豆腐っていうクサヤに似た臭いを発する豆腐は苦手ですが。。。w)
 
1468726_10151804736672843_1.jpg
 
東台湾での朝ごはんは包子で始まります。
肉まん、筍まん、野菜まん、あんまん、ピーナツまんと各種勢ぞろい。
いずれかを2個選び、飲み物を選びます。個人的には温かい豆乳と筍がおすすめ♪
皮から全て手づくりの包子は本当に美味しくて不思議と飽きないのです。 
1465231_10151805583207843_1.jpg
 
当然、波乗り後はローカルビールで乾杯。
台湾は日本と同じく島国なのでシーフードも野菜もお肉もなんでも豊富。 
DSCN2843_9509.jpg
 
お米に合うおかずの数々。
 
DSCN2812_9478.jpg
 
このボリュームで日本円にしてワンコイン。
 
1462922_10152069215599265_898426601_n.jpg
 
Jenniferお手製のボンゴレは、はまぐりが美味しすぎる逸品。
 
576660_10152069216379265_606533130_n.jpg
 
火鍋も美味。
 
1454786_10152069216369265_1033272933_n.jpg
 
辛い方のスープには猪の血の塊を入れるのが台湾式。
見た目がちょっとグロいけど、臭くも無くて美味しい。
 
スパイシーな料理も多く、ロコは辛さのゲージが日本人より高いので辛いのが苦手な方は調節が必要。
良い波に乗って美味しいモノを食べて酔っ払って寝るというトリップ中の日々は、自分にご褒美的な至福の時になると思います。 
1479005_10152069216354265_1763487568_n.jpg


ここのクロワッサンも美味しくて、タピオカアイスティーやハイビスカスティーとの相性も抜群。


だいたい今まで東台湾を訪れた方々が口を揃えて、波乗りもたくさんしたのに何故か3kgくらい増量して帰って来るんだよね・・・。とおっしゃります。w

美味しい食事が待っています!!東台湾!!
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。