2013年10月29日

長い長い1日 〜エルサルバドル Trip Day1-2〜

中南米を好きになったキッカケの国。エルサルバドル
それから毎年のように中南米のどこかには行っていたけど、何と気づけばエルサルバドルに行くのは4年ぶり。

色々と状況も変わっただろうし、現場の様子を見に久しぶりに行きたくなったところに、前から行きたいと言っていた友人と勢いで10月行っちゃう?なんて話が現実に。そう。トリップなんていつでも勢いですね。


何故10月って、エルサルバドルのシーズンは3月〜10月。時期で言えば10月は言わばレイトシーズン。
外す確率も高いのでは?とお思いでしょう。

実は、年中胸位のサイズはあるのですが10月はウネリはコンスタント、大きすぎず小さすぎない胸肩頭オーバー。風は弱くなってきて、人も少なくなってくるというビッグウェーブ大好きなハードコアでなければ程よく楽しめる時期なのです。アーリーシーズンも同様です。 ピークシーズンも大きくてトリプル位ですけど。

20131005_153018.jpg

出発当日は、台風の影響もあり曇り雨。空港まで事故渋滞等も心配なので出発の3時間前には空港へ。
いつもはチェックインしてラウンジでマッタリですが、今回は本屋で滞在中に読む書籍を購入したり久しく食べれなくなりそうな御寿司をほうばったりと空港を満喫。たまにはこういうのも良いですね。何より早めの行動は安心。

20131005_171218.jpg


エルサルバドルへは2通りの行き方があります。
ロサンゼルス経由かヒューストン経由。

どちらも一長一短。

ロサンゼルス経由は、街に出て遊ぶことができるのですが、とにかくトランジットの時間が長い!
お昼について、ロスからエルサルバドルへのフライトは夜中の1時。 体力勝負です!

ヒューストン経由は、出発日当日の夜に到着するので翌日のセッションに備えて寝ることができるので体は楽。
但し、旅行代金はロス経由に比べると同じか、少しだけ高いことが多いです。


今回はロスで遊びたかったのでシンガポール航空+タカ航空のコンビネーション。

それにしても体力の衰えかフライト中に寝れなくなりました。
昔はある意味特技のように眠れたのですが、今は映画見まくりです。
オーストラリアの70年代のサーフシーンを描いたDriftって映画のシングルフィンでのサーフィンはかっこよかった。
サーフトリップの機内でこんな映画みたらテンションアップ。余計眠れない。

そう荒行は既に始まっていたのだ。

20131006_041736.jpg

20131005_150006.jpg

ロサンゼルスに到着すると順調に入国審査も通過し、荷物も受取り、税関もあっさり通過。
さーてレンタカーだとダラーレンタカーに到着すると、様子がおかしい。
通常は多くても10人程度のお客さんが待っている所を、今回は100人位?大行列ができている。
この時、3時。結局手続きが終わったのは夕方5時。
ロスのお店は閉まるのが早いので車借りる意味ないジャーンと思いつつも空港側のサーフショップやベニスで散歩&ディナーして睡眠を欲する体はフラフラになりながら空港へ。


写っていない写真撮ってる側に50人位並んでます…
20131005_153942.jpg


ボードを中積みしたため、乗り降りはここから…
20131005_174210.jpg

花の都 Venice ??
DSCN1624_5183.JPG

CAのサンセットは美しい。
DSCN1628_5187.JPG

20131005_182825.jpg

20131005_181113.jpg

やっぱりアメリカと言ったら!って事でディナーはハンバーグ。これが美味しい。
古き良きアメリカのダイナーにて。
20131005_205409.jpg

タカ航空は重量の規定が変わりました。
荷物は2個まで預けられますが、一つの荷物の上限が23kgから16kgに変更となりました。
なのでサーフボードはエクセスチャージUS$125、更に重量が16kgを超えていると重量に応じてUS$30等加算されるようになったのでご注意を。


流石にタカ航空では気絶。気づくと美しい朝焼け。そして着陸前には目的のプンタロカがGoing Offしているのが見えた。
期待に胸躍らせながら着陸。とてもスムースで美しい着陸だった。

朝焼けに輝く大地。
DSCN1653_5212.JPG

プンタロカ。インサイドセクションのLa Pazが炸裂していることからもサイズがある事が推測できる。
DSCN1668_5226.JPG


入国審査を笑顔と英語と片言のスペイン語でクリアし、税関もノーチェックでアライバルホールにでるとヘッドガイドのマリオが待っていてくれた。大きい体に優しい笑顔。弁護士でもあるインテリサーファーは、我々の安全と快適さを第一に考えてくれるので一緒にいて頼もしい存在。

DSCN1677_5235.JPG

DSCN1680_5238.JPG

ラスフローレスまでの2時間。積る話と変わらぬ美しい景色にあっという間に今回のお宿であるアトラカマニに到着。
事前の波予報では、2〜4ft。腹胸かななんて思っていたら、セットは胸〜頭位でサーファーがリップしまくっている。

DSCN1804_6430.jpg

小さな漁村。
IMG_2055_5274.jpg


何も食べていなかったのでまずは朝食って事でFish Tacos。これが極旨。シンプルで外さない味。 病みつきです。
そしてFish Tacosを狙う猫どもがこれまた可愛すぎて癒される。

DSCN1694_5252.jpg

DSCN1710_5377.jpg

DSCN1716_5383.jpg


移動の連続で疲れのたまっている我々はマッタリし始め危うく寝ちゃうところを体にムチ打って海へ。
潮が上げて少しサイズダウンしたものの、まだまだファンな腹位のセットは入ってくる。

海は温泉のように暖かく、カナダ、ブラジル、アメリカから来たサーファー等と挨拶しながら沖へでるとセットの本数は3本と少ないものの、まだまだ十分できる。

DSCN1685_5243-1.jpg

そんな訳で、フライト後のヌルッとした脂ベタベタの体をラスフローレス温泉でさっぱりし、久しぶりのPilsenerで乾杯したらまたもや沈。

翌朝は少し小さくなっちゃうかな?でも潮は朝が良いので早起きしますか〜。
って事でおやすみなさい。機内で直角じゃなくて、広いお部屋のベッドで寝れるという些細な事が最高に幸せだった。

DSCN1703_5261.jpg

DSCN1693_5251.jpg

DSCN1709_5267.jpg

DSCN1707_5265.jpg

Keep Traveling!!!!


2013年10月05日

ほろ酔いサーフ

サーファーってお洒落な人が多いですよね。

洋服も家も遊び方も。

鎌倉のNoBrandの出川さんが、旅した昔話を聞くと抱腹絶倒。 旅が今よりももっと冒険。

1ドル360円というのも凄い時代ですが。 未知の世界へ扉を開いていくような。 レールなんて敷いていない。自分で道を切り開いていくのだ。 

サーフトリップが、プロサーファーや上級者だけのものではなく一般サーファーも気軽に海外に行けるようになり、インターネットは情報が溢れ、誰でも世界の素晴らしい波にアクセスできる現代。

波だけじゃなく、その場所の観光地や文化を覗き見することも旅の醍醐味。もちろん、地元の友達ができれば容易に、ディープに様々な場所にアクセスできるようになるだろう。

印象的だったのは、カリフォルニアをロードトリップした時に、知り合いに教えてもらったワイナリーを訪ねたこと。

そんなのって美味しいし、嬉しいし、楽しい。ちょっといつもと違って特別な感じもした。

P1040036.JPG

IMG_9980.JPG
P1040058.JPG

下戸の僕は、ワインって言うとほのかにお洒落なイメージが。笑

Surfday tv Storeでもワインを販売し始めたそうですし、どうせだったらスペインのワイナリーに寄って美味しいワインをテイスティングしたり、バルでつまみながらワインあけたりしながらサーフィンできたら極上の旅だなぁ。女性にも優しいし楽しいよね。

ちょっとゆったり、優雅にって旅もWSJ的にはアリ。

では飛行機乗ってきます!今回の美味しいものは何だろう。

Keep Traveling!
posted by Tomo at 08:00| ワールドサファリジャパン>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

カットバック17回

一本の波で…

腰痛くなりそう。

今年のGWに行ったMさんは、乗ってる途中で疲れて腿をトントンしたって言ってたっけ。笑

カービングターンの練習になりそうなこのゲレンデ。





ペルー、チカマへのご旅行ならお任せ下さい

Keep Traveling!!
posted by Tomo at 19:00| ワールドサファリジャパン>日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。